コーチンからアレッピーへバス移動 2019.12.19

数日ぶりの移動
市内バスと中距離バスを乗り継いで
アレッピーという小さな海辺の町へ向かう

今日の朝食はケララスタイル。
どんなものかと思ったら、米の麺? のようなものとカレー・・・。
ほんとどこまで行ってもカレーだねー。

豆カレー
豆カレーは辛くない、のか、外人向けなのか?

今朝の同席はオーストラリアからの一人旅男性。私よりちょっと上くらいかな。
森林火災の話と、コアラの話と、夏には48℃になったことがある中部に住んでいるという話と、私たちの寒さと雪の話。
鉄道のチケット取れないですよねー、と振ったら、代理店に頼めば取れるよと、明日朝のチケットを見せてくれた。
そうなのか! 代理店か!

何をいまさら感だが、実は代理店を使うことが今までほとんどなく、已む無く使ったときは悉くボラれたので、できれば使わずに・・・、と思って旅をしている。これは多くの個人旅行者がほぼ同じ感覚で、自力手配を目指していると思う。

でもまあいい歳になっていることは事実だし、そろそろ注意深く、そちらの方法を試してみてもいいのかも。
機会があればだが。

さて、チェックアウトして、と帳場に行くと、領収書が出来ていた。素晴らしい! いいねこの宿。また来ることがあったら泊まりたい。
ただベッドがふにゃふにゃすぎて腰が痛くなった。

まずは市内バスで ニュー・ブリッジ なるところまで

一旦エルマクラムへ戻ってバスかなと考えていたのだが、アレッピー行きのバスのルートを見るとフォートコーチンからの道とぶつかる場所がある。そこでうまく乗り換えることができれば、無駄な同じ道の往復をしなくてすむだろう。昨日バス駅へ行ったのは、その確認も兼ねてだった。
ニューブリッジなるところで降り、対岸から来るバスをつかまえればいいよと教えてもらえた。

コーチン市内バス
市内バス、出発時はガラガラ
コーチン市内バス
あっという間に超満員に!
コーチン市内バス
スレスレのすれ違い、スリル満点
コーチン市内
ちょっと繁華な感じの場所
市内バス
我々を降ろして去って行くバス

降りるところでは運転手と乗客と車掌がみんなで教えてくれて、車掌にいたっては荷物まで持ってくれた。ま、ぐずぐずされると運行に支障が出るからでもあるが、みんなとても親切でありがたい。

道路を反対に渡ったところでアレッピー行きのバスを待つ。ほかに待っている人もいて一応確認。
緑のバスが来て、その確認した人が走って乗ろうとしている。あれがそうなのかなと急いで追いかけて乗り込むが、「行かないよ」と言われてまた飛び降りる。

するとその様子を見ていたらしい男性が来て、「緑色は市内バスだから行かないよ、黄色と赤のバスが来たら乗りなさい」と教えてくれた。ちょうどそこに、まさにその色のバスが。
「あれだあれだ、乗って乗って!」
あまりちゃんとお礼も言えずに飛び乗ってしまった。

コーチンバス
中型バス、3列2列シートだった
コーチンの川
橋かな、海か川かわからないものを渡っている
女学生インド
女子学生たち、お店で買い物している

スカーフをかぶっているのはムスリム系だからだろうか?

アレッピへのバス
乗ってきたバス・

写真を撮られるのは今でも苦手。ほんとに苦手。仕事で撮られなければならない時でもカメラマンに怒られるくらい演技しない。自撮りできる人の感覚を少しお裾分けしてほしいくらいだ。

アレッピー到着は12時半頃だった。市内に入ってからの渋滞がひどかった。
フォートコーチンの宿を出たのが10時だから、トータル2時間半。乗り換えもほとんど待たなかったし、上々の出来だと思う。

アレッピ
運河にかかる橋を渡って宿へ向かう
アレッピ運河
ボートがたくさん

宿の客引き、ボートの客引き、多数。
着いてから決めても特に問題はなさそうな。たくさんあるし。

アレッピ船着き場
船着き場に行ってみた
アレッピ船
これはローカルの船、町や村を結んでいるのだろう
インドのみーるす
お昼はミールス

性懲りもなくチャレンジする私。どこかでいつか、あまり辛くないミールス(ターリー)に当たるんじゃないかと思って。
これは辛かった。特に後からおじさんが持ってきてくれた白っぽいのが、なんだかわからないんだけど、唐辛子とわさびを混ぜましたって感じの爆弾だった。
隣の席の女性がずっと笑ってて、最後に店を出る時には外でアイス食べながらきゃっきゃ笑われた(><)

南インドは全体にからっとしていて明るい。人も親切。なるほどケララからの旅人が、「北と南は別の国だから!」と言うわけである。
こんなに違うのに同じ国。大きな国はおもしろいというか、やはり掴みどころがないなと思う。

本日の移動 フォートコーチンからアレッピー バス代1人66ルピー
本日の宿 SPRINGS INN 891ルピー朝食付き
昼ごはん 215ルピー 夜ごはん135ルピー(フライドライス持ち帰り)
↑ 今日から忘れなかったら記録します