アメダバードで発送と手配 2019.12.12

この旅で初めてシャワーを浴びた!
ブージではバケツのお湯をかけるスタイルだったので新鮮だ
荷物の発送とチケット手配が今日のメイン仕事、頑張ろう

朝起きてまずシャワー。熱いのがガンガン出てうれしい。ホットシャワーがいいとその宿がよいと思えてくるから不思議だ。
ちょっと外に出て、まずキャッシング、だいぶ慣れてスムーズに出せるようになってきた。
バナナ買う。3本10ルピー。学生たちがバナナを買って立ち食いしては去って行く。この子たちの朝食は屋台のバナナなのかな。

本日のメインイベント1、発送。
朝歩いていて偶然見つけた郵便局。近くて助かった。10時からと聞いたので時間前に行く。空いていて対応もすぐだ。
パスポートのコピーが2部必要。オットが取りに行き、私は荷物を縫い屋さんに預けて見張り。白い布で包んで縫い合わせて行く。いつ見ても無駄がない職人技。布の用尺なんかも見誤りがない、すごい。

インド郵便局
縫い合わせ中の縫い屋
インド郵便局
その後中でチェックと支払い。パスポートコピーが貼り付けられている

このままの状態で日本に届くのだろうか? お義兄さんが驚きそう。弟のパスポートコピーが貼り付いてるって。

インド郵便局
割と普通そうに見える郵便局。タイに似ている
インド郵便局
局前の通り
インド文房具屋
マジックを買った文房具屋

 駅へチケットを買いに行く

一旦ホテルに戻り、オートをつかまえて駅へ。
ネットで買おうとしたのだが、買いやすいサイトではウェイティングリストしか買えないし、TAKTALとかいう直前売り出しの高いけど席があるのは国鉄サイトでしか買えない。だけでなく、ログインできない状態に! 何度入れても弾かれる。ほんとにうんざり。この間は入れたじゃん・・・。そんなわけでどうにもこうにも。駅へゴー!

ここの駅には外国人用窓口がある。そこには外人枠のチケットがあることがあり、それを試してみようかと。

アーメダバード駅
SLが置いてあった

外人窓口はあったのだが、私が買おうとした列車には外人枠はないという。WLは27番、これはネットでも確認済み。どうするか訊かれたので、とりあえず買ってみる。窓口の人が言うには、VIP用のオフィスに行けば何とかしてもらえるのだそうな。場所を書いてもらい、ウーバーを呼ぶ。1台目は言葉が通じずにキャンセルされた(^^; 2台目はすんなり来て(場所をピンで指定しているのだからすんなり来て普通)行ってくれたのでチップを付ける。そこらのオートは60から下がらないのに、ウーバーだと28・・・。さすがに安すぎて悪いなと思う。

インドのオート
真面目そうな運転手氏
インドのオート
それにしてもどこを見てもオートオートオート・・・

着いたのは鉄道マネージャーオフィスという場所、かなり大きな建物だが、その中の1つのセクションに案内され、ちょいとえらそうな、町長みたいな感じの人の執務室に通され、書類を書かされ、終わり、と。
ステータスが変わるのをSMSでチェックするよう言われるも、SMS送れず・・・。国鉄サイト相変わらず入れず、そのうち

あんた間違えすぎ! 罰として今日はもう来ちゃダメ!

間違えてるんじゃなくて、そっちのシステムがおかしいんだって!!!!!

まったく、インドだ。

結局IXIGOというアプリからステータスが見られたのは5時間後。WL22、繰り上がったのは繰り上がったが。
乗れるのだろうか。駅に行ってやっぱ席がなければまたあそこ?????

 

世界遺産? の階段井戸へ行ってみる

仕事がメインとはいえ、なんもしないというのもいかがなものか。
インドに十数回来ていて一度もタージマハルに行ったことがない私だが、時間も空いたし、どこか観光しようかと珍しく思った。
ウーバーを呼んで、一番近い階段井戸へ。
そしたら59ルピーのはずが着いたら運手のスマホに77と出ており、釈然としないまま払って降りた。何だろう、こういうのは初めてだな。

アーメダバードの階段井戸
遺跡ですな
アーメダバードの階段井戸
これ自体はさほど巨大な構造物ではない
アーメダバード階段井戸
石の彫刻を見るべき場所なのだろうと思う
インド階段井戸
いろいろなレリーフ
インド階段井戸
光と影の感じはとてもいい
インド階段井戸
観光客はちらほら、けして多くはない
アーメダバードモスク
奥にはこれまた石造りのモスク
アーメダバードモスク
結構かっこいい。無彩色のモスクもいいね
アメだバードモスク
静かで落ち着いた雰囲気の場所だった

モスクでは子供が1人留守番というか観光客の張り番をしていて、インド人には見向きもせず(そりゃそうか)、私たちに狙いを絞って案内するそぶりをしては寄付寄付言ってくる。お堂みたいな中には棺のようなものがどでんと4つ置かれていて、そこに寄付しろと。なんだか嫌だなあ。これ、昔の聖人とかじゃないの? そういうのをダシに使うって、ムスリム的にはオッケーなのか? 面倒なので少額を置いて出た。コインを置いたら「ノーコイン!」だって。札を出せという意味だが、わからないふりをしてそのまま出た。
寄付でもチップでも、くれと言われれば出したくない。黙っていれば出そうかなと思う。日本人だけではないと思う。

オットの風邪が治らない。3時近くにホテルに近いレストランに行ってみる。初日に行ったら夜7時からと言われ、そんなに待てなくてやめた店だ。中華(インディアン中華ではあるが)もあるのはわかっていたのでトライしてみた。
私は客家ヌードル。オットは酢豚ならぬ酢鶏とご飯。味には少々文句はあるものの、辛さを抜いてくれていて、インドで一番美味しかった。食べきれなかったので持ち帰りたいと言うと丁寧に包んでくれてありがたかった。これで夕飯もゲットした。

そして。

アプリを見てみたら、なんと、コンファーム出来ていた!

いつの間に?
一気に22番も繰り上がるとはすごいな。
町長パワーなのか、それとも関係なくキャンセルが多かったのか。
ともかく席を確保できた、よかった。

このチケットで一気にコーチンまで行くつもり。途中何事もなければ。
ムンバイもゴアもすっ飛ばす。先は長いので、ここで時間を使いすぎるわけにはいかない。
明日の午後1時発で、到着は明後日の夜11時近く。34時間か、オンタイムで。長いな。

それなのに3等寝台を買ってしまう私。30年前からひとつも進化しないのはインドだけではなく私も、かもしれない。