ルーイで風邪引いて停滞6日 2020.02.10-14

ルーイはピサヌロクよりずっと小さい町だ
ホテルの近くに市場や食堂など揃っていて便利
停滞するにはもってこいの町だった

 

また風邪がぶり返した

インドからずっと引きずっている風邪。少しよくなりかけては移動でまたぶり返すことの繰り返し。タイに入って今度は少しいいかと思ったが、ピサヌロクの宿のエアコンにやられて、またぶり返してしまった。もうずっと風邪をひいているような気がする。
熱が出たのは2日ほど。咳もひどかったので、インドで買った抗生物質をのむことに。
できるだけ抗生物質は使いたくないが、仕方ない。

4泊してから部屋を替えてもらった。最初の部屋は通りに面していてうるさかったのだが、風邪が酷くて移るのもちょっと・・・、という感じでずるずる4泊。移った先は反対側で静か、もっと早く移ればよかった。

ルーイサンドイッチ
近所のお粥屋のサンドイッチ? 10バーツで大人気

旅のお供のコイルヒーター。もう30年は使っている古い相棒だ。どんな旅にも欠かさず持っていく。熱い飲み物がなければ死んでしまう生き物なので。
このコイルヒーターが、ピサヌロクで死んだ。一緒に部屋のヒューズも飛んだ。なぜだかわからない、オット氏がお湯を沸かそうとして突然そうなった。
コードが一部焼き切れたようになり、さすがに自分では直せない。長く使ったけどお別れか・・・。
と思ったのだが、待てよ、電気屋さんなら直せるんじゃ? テレビよりは簡単そう? と思い、風邪引きで寝ている間にオット氏に行ってもらった。
見事に、ちゃっちゃと、直してくれたそうだ。
料金は40バーツ。お礼に100置いてきたそう。
ちゃんと直り、立派に今日もお湯を沸かしてくれている。

ルーイ電機屋
電気屋のおじさん
コイルヒーター
こいつを直してくれた
ルーイ
病人の食べるもの

近くに市場もコンビニもあってほんとうに便利。小さい町は滞在しやすくて大好きだ。

 

ルーイぶらぶら散策

少しよくなって、町を散策しに出かける。気温は36℃と相変わらず殺人的な暑さ。

ルーイ種屋
種をたくさん売っていた

まくわうりとか、買おうかなと思ったが、一応種苗法的にはアウトなのかな? まだ先も長いしと、買わなかった。それにしてもいろんな種類委の種があった。パパイヤの写真の種袋もあったが、種から生えるんだ? まあ種から生えなきゃ何から・・・、でもあるが、果樹は日本ではふつう接ぎ木とかで苗ができるからさ。

ルーイ
お店の横の小さな祭壇
ルーイ学校
幼稚園か小学校か
ルーイ
置物の店
ルーイ
カニを売っていた
ルーイの川
川、まったくきれいではないが
ルーイ
果物屋台、切ってくれる
ルーイ
スイカを買った
ルーイ
宿の屋上からの風景

ルーイは小さな町で、たまたま宿のすぐ近くに市場、お粥屋、飯屋、コンビニ、などが揃っていて、滞在しやすい町だった。
物価はミャンマー国境方面のほうが若干安いと思った。
ラオス国境、ミャンマー国境、タイ側は同じ国なのだが、何となく違う気がする。どちらがいいとも言えないが。

広州ー香港の陸路移動がやはり大変厳しそうな状況だ。この部分はあきらめざるを得ないと思う。
チェンマイー広州のチケットをまず捨てる。キャンセルして多少は返ってくるか、調べないとわからないが、仕方がない。
香港アウトのチケットを生かすかどうかも考え物だ。チェンマイ~香港、香港~日本、どちらも確実に飛ぶ確率が現状では読めない。こちらもあきらめ、別ルートで中華圏を経由せずに帰国する道を探すべきかもしれないと考え始めている。

とりあえず、いったんラオスへ行こうかと思う。

本日の移動 なし
本日の宿  プルアンホテル 300バーツ