ブージで休養 2019.12.6

ブージのタイトル画像

ブージで休養

予定より早くブージまで入ってしまったので、今日は休養日。さすがに24時間以上ぶっ通しで動くのはきつい。
宿の近くを散歩。寺院はたくさんある。ヒンドゥー教のほかジャイナ教のものもあるようだ。

ブージ城壁門
古い城壁のゲートのような場所
ブージの遺跡
遺跡があった
ブージ土産物屋
中の土産物屋さん
ブージ遺跡
立派な建物。Aaina Mahal Palaceという名、昔の王様の居城なのかな。大砲なども展示されていた
遺跡のオート
オートが走り抜けて行く
ブージ遺跡
古い建物の中に雑貨屋さん
ブージの池
湖(池かな)に出た

湖畔で女の子が2人、おいでと手を振っているので行ってみた。すると、たくさんの牛が!
そして若い男性が新聞紙に包んだ何かを池に投げ込んでいる。ゴミでも捨てているのかと思ったが、よく見るときちんと包まれているしゴミではない。たぶん中身は花で、お祈りの一種なのだろう。

遺跡の牛
牛に急接近された。鼻を拭いて行った、ウメみたい
ブージ女の子
呼んでくれた女の子たちは、草を売っていることがわかった

草を買って牛に与える。喜捨の意味があるのだと思われる。10ルピー渡して草を買った。

ブージの牛
牛に草を与えるオット氏。牛たち大喜び!
ブージゲート
またゲートのような場所があった
ブージの犬
犬かっこいい
ブージ露天商
さらに歩いていると露天商が俺を撮れと
ブージ旧バススタンド
旧バススタンド。今はバスは来ないよと言われた
ブージ、オート
疲れたのでオートに乗って帰ることに
ブージ、結婚式
盛大な音楽と共に踊る人々発見
ブージ結婚式
何だろう?
ブージ結婚式
ドラムもすんごい音、楽しそう

後で宿の人に訊くとどうやら結婚式だったらしい。踊り念仏かと(^^; いや何か宗教かと。
結婚式なのかー、降りろと誘われた時に降りてみればよかったな。

チャイ屋で一服
チャイ屋で一服

チャイ屋のチャイは1杯10ルピー。昨日も見かけたが、受け皿(ソーサー)で飲んでいる人もいる。どういうことなのかはわからない。
チャイ屋は徹底してチャイしかない。なかなか面白い。

明るい街に見える

ブージ。
もっとツーリスティックな街なのかと思っていたが、そんな雰囲気は全くない。外国人旅行者も1人見かけただけだ。
飯屋もないし、旅行者としては居づらい街に思える。ないことはないが、少ない。圧倒的に少ないと思う。
しかし人々はとても明るく親切だ。道を訊けば誰もが丁寧に教えてくれる。自分が知らなければ他の人に訊いてくれる。目が合うと笑ってくれる人が多いのも特筆ものだ。私は今までインドは北部ばかりで、人間のきつさに閉口してきたのだが、やはり話に聞くように南部は人そのものが異なるのだろうか。
これは中国でも言えることで、北部の人間はきつく、南に行くとだいぶ丸くなる。気候のせいなのか、海洋性の気質などもあるのかもしれない。ここは砂漠だが海にも近いのだ。

道を歩いていると子供でも大人でも声をかけてくる人が多い。陽気だなと思う。
水を買った店の店主に聞いたのだが、グジャラートはドライシティーなのだと。すなわち禁酒エリアである。
食べる場所の少なさは、それと関係しているのか。禁欲的なのかもしれない。
でも陽気なのだ。
おもしろいなと思う。

明日はちょっと遠出をしてみようかと思う。朝の体調と気分次第だが。