マドゥライ滞在 2019.12.23

ちょっと一息でマドゥライ2泊
有名なミーナクシ寺院を見に行く
人人人、建築物はたしかに圧巻だった

宿替え、そして寺院へ

ゴキ宿リネン汚いお湯出ない、のくせに3300ルピーも支払ってしまった宿を出る。なんという屈辱だ。ほんとインド人のお湯出るは信用ならんなと痛感。
駅前を離れて、寺院の近くに宿を取ってみた。
1580ルピー、でも昨日より綺麗な感じ・・・。どうなってる料金体系。
受付の若い兄さんたちはいい感じ。お湯出るのかなと訊いたら、雨季だから出ないかも・・・、だそうだ。雨季なの? 乾季だと思ってたけど南は違うのか。
お湯はバケツで運んでくれるとのこと、もうどこもそうなんだね、出ないと言ってくれるだけ良心的だ。

宿から徒歩3分で寺院の参道に出る。歩いて行くと人だかりが。

マドゥライ
開くのを待っているのかな?

遠めに見える塔がすごいな。

マドゥライ
駅の方からまっすぐ来たら最初に見えるのがこんな景色
宿に近い西門
宿に近い西門
マドゥライ
カラフル
マドゥライ
周辺はお土産売り、参拝グッズ売り?
マドゥライ
金属の小さな器を売る店が多かった
マドゥライ
古い建物の中もお店がぎっしり
牛が居座る参道脇
牛が居座る参道脇

寺院を一周する参道が大改装工事中。カラーブロックを剥がし、ピンコロだっけ? 正立方体の小さな石、を敷き詰める工事が進められていた。これが完成したらきれいになるだろうな。

ATM難民になる

そろそろ手持ちの現金が寂しくなってきたので、キャッシングすることに。マドゥライは州でも数番目に大きな街だから楽勝だろうと思っていた。なんたって昨年、ザンスカールのおそろしく小さな町ですら出来たのである。
1軒のATMのドアを開け、意気揚々と機械を操作する。出ない。マスターじゃダメなのかな、ビザもやってみる。出ない。どうもクレジットカードによるキャッシングは受け付けないようだ。

ちんけな銀行なんだろう。

次だ次。何何ICICI? わからんが大きそうな銀行、ここならできるだろう。
また撥ねられる。

またまたちんけな銀行を選んでしまったのだろうな。名前も紛らわしいんだよ。

次は、おお、INDIA BANK 、ここでできなきゃおかしいだろう。

出来ない・・・。
ATMがちんけなのではなく、街がちんけなのか。おかしいな、今まで3つ回ってダメだったことはないのに。

さらに続けて2つのATMも試してみたが、どこもダメだった。中に金が入っていないとかではなく、キャッシングを受け付けていない感じ。画面にVISA とか出ていてもダメだった。

どうするか・・・。
と歩いていると、駅の近くで両替屋を発見、レートを訊くと今日のレートだとスマホを見せてくれた。もちろん自分でも確認、同じだ。手数料100ルピーなので替えることに。
やれやれほっとした。しかし不思議なこともあるもんだ。
たまたま、だといいのだが。

チキンビリヤニ
そんなこんなでえらく歩き、駅近くでご飯

チキンビリヤニ、辛いが美味しかった。鶏が美味いなと思う。ベジの店が多いので、たまにノンベジがあると助かる。

マドゥライ
おやこんな真面目な顔で。女主人

女性が働いている店が好きだ。今でもインドは男しかいない店、ホテルが多い。女性が普通にいるとほっとする。
やっぱり女性のほうがきれい好きだと思うし、掃除も得意だと思うんだよね。

マドゥライ
寺院の周囲を歩いて宿へ帰る、これは東塔
マド
チベット難民の店があった、覗かなかったが
マドゥライ
これは南塔

正直なところ、神社仏閣遺跡王宮、こういったものにはほとんど興味がない。
故にミーナクシ寺院も中には入っていない。
たまたま近かったから行ったまでで、遠ければ行かなかったかも。

では一体何をしに、何を見に、行っているのかと不思議に思われるかもしれない。
見に、しに、行っているのではないのだ。
偶然何かにぶつかるのを、ただ待っている。
家にいたら何にもぶつからないから、出て流れている。
犬も歩けばというやつだ。

マドゥライももういいな。
明日はまた動いて行こう。

本日の移動 宿から宿へオート50ルピー也
本日の宿 Simap Residency 1585ルピー
昼夜兼用ご飯 220ルピー