ULザックを作ってみる(2)

2020年6月23日

昨日の続き

ショルダーベルトを完成させます。昨日作れなかった片方を縫製し、クッション材を詰めて完成。

 上がオックスフォード、下がクッションメッシュ
クッションメッシュはクッション性があることに加え滑らないので、たとえばレインウェアを着てザックを背負った時などに、多少背負いやすいかと思います。

 普通にまち針で止めながら縫製

 両方できました
真ん中あたりにあるのはチェストストラップです。これがあるとないとでは大違いなので付けました。
いちばん下のプラパーツで、腰から出すベルトを受け止めてショルダーベルトが機能します。

 背面部の上から5センチにラインを引いて
大体これを目安にショルダーベルト、持ち手、締め具をセットします。

 ざっとこんな感じ
実際にはショルダーベルトはもう少し下げました。縫い止める部分が少ないほど強度は減りますから。3センチは折り返しがあるように。

 押さえ布をセットして、押さえ布の上辺と下辺を縫います。それから補強のステッチをできるだけ多く入れました。

 こんな感じ。それぞれバッテン縫い。

 こんな感じで背面部ほぼ完成

 続けてショルダーベルトの受け部分
これを斜め半分に切って、左右それぞれに付けます。角度などはあまり細かく考えずに作ってます。最初に作る試作品なので、それをたたき台にして改良していくつもり。

 ちょい大きすぎたんで切ってます

 仮止めしてみたところ

ウエストベルトも一緒に付けました。色が違うのが微妙な感じ^^;
他の部分は20ミリのベルトですが、ウエスト部分は25ミリにしようと思って、黒の25ミリも買ってあるのですが、この茶色の25ミリは厚手でクッション性があるんですよね。それでウエストベルトにはこっちが向いていると思いました。
ウエストパッドもつけようかとちょっと考えましたが、今回はなしで。
バックル左右間違っちゃった^^;(どっちでも使えますけどね)

次回はいよいよ本体メイン部分に入ります

 

 

    MYOG

    Posted by GOTO