UL ザックを作ってみる(1)

2020年6月23日

少し前から話題になっていたUL、ウルトラライト登山。
今さらですが、ザックを作ってみることにしました。

生地はアメリカから個人輸入。
ほかパーツは国内のお店からネットで購入しました。

 ナイロン生地、ネット生地

いちばん上のオレンジ色のが、1.1ozのシルナイロン
その下が1.9ozのリップストップナイロン
下に見えている黒はネット生地(ポケット用)

背面・下部に来る黒のコーテッドオックスフォードを撮り忘れました^^;

ざっと寸法を出して。
最初に全部断ってしまうのではなく、少しずつ進めていきます。
型紙というか、デザイン大きさ含め自己流なので、微妙な誤差は出てくるはずですから、都度修正を入れながら進めたほうが無難です。

今日は背面にくるオックスフォード(もちろんナイロン)を裁断、一緒にショルダーベルト押さえ(これを縫い付ける時に補強も兼ねて背面上部に入れる)も断っておきました。
それからショルダーベルトの型紙を作り、オックスフォードと、クッションメッシュでそれぞれ裁断。
クッションメッシュ側が体に当たる方になりますね。
縫い合わせる前にナイロンベルトを縫い付けておきました。
同時進行でチェストストラップをベルトとプラパーツで作り、ベルトをショルダーベルトに縫い付ける際に付けてしまいました。
この時、Dカンも入れる予定がうっかり忘れたので、今回は素直に見送り。

(追記)
この部分は結局後から中に入れたクッションの押さえも兼ねて完成後にもう一度ステッチを入れたので、表裏を縫い合わせる前に完成状態にしなくてよい、というかすると縫うのが面倒。
トップだけ決めておいて(この部分は折り返して縫うため地厚となる)、ほかはぶらぶらの状態で縫い合わせ、中身を入れてしまってから部分部分を止めていくほうがいいです。
そのほうがうっかりミスも減るかもです。

 右側が出来上がったショルダーベルト
左は縫い合わせ前

 ナイロンベルトを縫い付ける際にチェストストラップも付けた、図

ショルダーベルトの中身は銀マット(笑)
ちょっとシャカシャカ音がしてうるさい、使った時にどうかな?

(追記)
銀マットの銀紙は剥がせましたので剥がしてしまった。滑りが悪くなって中に入れる時に少し苦労しましたが、音はなくなった♪

手持ちのザックを参考にしながらの作業です。初めてなので楽しい♪
このザックでラダックを歩くつもりです。

    MYOG

    Posted by GOTO