ジャワ島2023 その2 プカロンガン

2023ジャワ島バティック三昧旅
カウマン地区

2023年10月のジャワ島バティック三昧旅行、その2本目です。

プカロンガン到着

プカロンガンまではジャカルタから4時間半ほどかかる。途中バティックの聖地と言われるチレボンも通過した。
プカロンガンは今回が初訪問。駅を出てまず宿を探す。幸いグーグルマップには数軒の宿が載っている。
1軒目→外国人は泊まれない
2軒目→ちょっと狭くて暗い
3軒目→まぁよさそう、決める

泊まったホテル。蚊がものすごく多かった、シャワー浴びてたらヒルが湧いてきた^^; けど、まぁまぁな宿だった

翌朝、バティック工房の多いカウマン地区へ。

あれ、これカウマンじゃないかもしれない(-_-;)

こっちは間違いなくカウマン地区

大きな看板がお出迎え

カウマン地区には工房がたくさん点在しているのだが、この日は金曜日でバティック職人は休みなのだそうだった。毎週金曜日がそうなのか、この日が特別だったのかはわからない。
殆どの店が閉まっている中、唯一開いていた店を見て、手描きのバティック数点を購入した。

道路にもこんな絵が

鳳凰? 立派な鳥が壁に描かれていた

駅の近くのなんだかわからない写真

すさまじく暑い街だった。いやこの街が暑いのではなく、ジャワ島全体が信じられないくらい暑かった。
その暑さの中、カウマン地区から駅方面に歩いて戻ったので夫がへそを曲げ、出発の時にホテルから駅への徒歩2分をGRABにお乗せする羽目になった^^;

次の街スマランへの列車が入ってきた

このプカロンガン→スマランのチケットは、到着した日に駅で購入した。何でだったか、ネットでは買えなかったのかな。
すると駅でも「ネットで買ってください」と言われ、困っていると若い駅員が、「ほんとはダメなんだけど僕のアカウントで買ってあげる」とスマホでちゃちゃっとやってくれた。お年寄りには親切にしようと思ったのかもしれない! 感謝。

次回スマランへ続く

    コメント

    error: Content is protected !!